ヴィーガン

なぜヴィーガンになるのか

動物保護のため

動物の搾取を防ぐことがヴィーガンになる唯一の動機ではありませんが、多くの人にとって、ヴィーガンで在り続けるという決断の重要な要素であることに変わりはありません。動物に感情的な愛着を持つことは、その理由の一部を形成しているかもしませんが、多くの人は、生きとし生ける物には生命と自由に対する権利があると信じています。動物製品を避けることは、動物虐待や動物搾取にどこでも立ち向かうことができる最も明白な方法の1つです。

健康のため

よく考えられたヴィーガンの食生活は、健康的な食事のガイドラインに従っており、私たちの体に必要なすべての栄養素を含んでいます。英国栄養士協会とアメリカ栄養栄養士会はどちらも、あらゆる年齢と妊娠、授乳期など、人生おけるいかなるステージにも適していることを認識しています。いくつかの研究では、ヴィーガンの食生活を血圧とコレステロールの低下、そして心臓病、2型​​糖尿病、一部の種類の癌(がん)の低発生率と関連付けています。ヴィーガンなることは、栄養と料理についてもっと学び、食事を改善する絶好の機会です。
植物性食品から栄養素を摂取することは、有益な繊維、ビタミン、ミネラルを多く含んだ粒穀物、果物、ナッツ、種子、野菜などを健康促進のために食生活で摂取する機会が増えます。

環境のため

家庭のごみのリサイクルから自転車で職場に通うことなど、私たちは皆、環境に優しい生活を送る方法を知っています。個人が二酸化炭素排出量を削減するためにできる最も効果的なことの1つは、すべての動物製品を避けることです。これは牛の鼓腸症の問題をはるかに超えています。

なぜ肉と乳製品は環境にそれほど悪いか

食肉や他の動物製品の生産は、その動物を育て、餌を与えるために必要な作物や水、そして農場から食卓に出されるまでの輸送やその他のプロセスに至るまで、環境に大きな負荷をかけます。
食肉生産に必要な大量の穀物飼料は、森林伐採、生息地の破壊、絶滅種に大きく寄与しています。
ブラジルだけでも、560万エーカー(東京ドーム約48万個)に相当する土地がヨーロッパの動物のために、大豆の栽培に使用されています。この土地は、貧しい人々が自分たちの食物ではなく動物飼料用の換金作物を育てることで、世界の栄養失調の増加を招いているのです。
一方、ヴィーガンの食生活を維持するには、かなり少ない量の作物と水が必要であり、ヴィーガンの食生活へ切り替えることは、環境への悪影響を減らす最も簡単で、最も楽しく、最も効果的な方法の1つです。

人々のため

地球のことを考えるとき、ヴィーガニズムが持続可能な選択肢であるように、植物性ベースの食生活は人間のひと家族を養うより持続可能な方法でもあります。
植物性ベースの食事は、肉や乳製品を摂取する食生活を手助けするのに必要な土地の3分の1だけを必要とします。
無数の環境的および社会経済的問題による世界的な食料と水の不安定性の高まりにより、より持続可能な生活を取り入れるのにこれほど良いタイミングはありません。動物製品を避けることは、個人が食物や他の資源への負担を減らすことができる最も簡単な方法の1つであるだけでなく、世界中の最も貧しい人々に不釣り合いに影響を与える非効率的な食物システムに立ち向かう最も簡単な方法です。

ABOUT ME
アバター
Vegansociety
ヴィーガンソサエティーは、1944年に共同創立者のドナルド ワトソンが「ヴィーガン」という言葉を思い付き、設立した世界で最も古いのビーガン協会です。 私たちはビーガニズム(絶対菜食主義)に関する情報と指導をさまざまな観点で、ヴィーガンはもちろんのこと、外食産業、医療専門家、教育者、そしてメディアに提供する登録教育慈善団体です。