ヴィーガン

ヴィーガンとクルエルティフリーの違い

「クルエルティフリー」はヴィーガン製品であることを意味しますが、残念ながら2つの用語は同義語ではありません。ヴィーガンソサエティが美容製品のラベルに関する複雑な世界を探ります。

この10年間で、英国のヴィーガンの人々は3倍以上に増えたにも関わらず、2016年に英国で発売された美容およびパーソナルケア製品のわずか6%がヴィーガンとなっています。製造段階で行われる動物実験や動物から搾取された成分を使用している製品の問題は、見た目よりとても根深いです。もしかすると、動物製品を避けようとしているヴィーガンの人々にとって、これは難しいのかもしれません。あなたの化粧ポーチに入っている製品が動物の虐待に関与していないことをどのように確認できますか。

 ヴィーガンは動物由来の原材料で作られた製品や動物実験されたものを使用しないように、まずはクルエルティフリーの定義付けをすることにより、ヴィーガン美容製品を明確にすることから始めましょう。

ヴィーガン製品はクルエルティフリーですが、クルエルティフリーの製品は必ずしもヴィーガンではないかもしれません。また、残念なことに多くのメーカーはこの事を誤解して、製品パッケージに独自のヴィーガンのロゴを貼っています。確かに動物由来成分は含まれていないかもしれませんが、その製品は動物実験されているかもしれません。

クルエルティフリー

リーピングバニーロゴのみ、その製品が確実にクルエルティフリーであることを示しています。またヴィーガントレードマークは、その製品が確実にヴィーガンであることを証明しています。つまりは、動物性由来成分が使用されていない、また動物実験されていないことを示しています。化粧品やボディケア製品のラベル付けに関して「ヴィーガン」という用語は、法的に保護されていないため、ヴィーガンソサエティ(協会)はヴィーガントレードマークを作りました。1990年以来、このヴィーガントレードマークは世界的に認知され、全世界で約26000の製品がヴィーガンとして登録されています。また、それらの約8000は化粧品となっています。

ヴィーガンかどう判断するのか?

一番簡単なのは、ヴィーガントレードマークがあるかということです。ヴィーガントレードマークがあることは、ヴィーガンソサエティのスタッフにより、念入りに動物性由来成分を使用していないか、動物実験されていないか検査されていることを示します。

動物実験は過去のことではないのか?

動物実験に関することは、ヨーロッパでは動物実験はすでに法律で禁じられているため、すでに関心のあることではないかもしれません。しかし、中国で取引されている美容ブランドもあります。ヨーロッパ以外では、多くのブランドがクルエルティフリーでないことを示しています。

独自のヴィーガンロゴがあっても、なぜ再確認すべきか?

複数の企業は、ヴィーガントレードマークの登録料の支払いを避けるため、独自のヴィーガンマークをパッケージに記載しているかもしれません。しかし、それらはヴィーガンに対する製品の適合性について間違って理解している場合や、正確ではない場合もあるのです。特に、美容製品業界に関しては、多くの製品が動物性由来成分を含んでいるのです。しかし、化粧品成分表示を読むだけでは見つけるのは難しいのです。

例えばセチルアルコールは、まれにヴィーガンですが、ほとんどの場合マッコウクジラから成分が搾取されています。セテアリルアルコールは、ヴィーガンです。この2つはとても混同しやすいです。
ヴィーガントレードマークをパッケージに明記している製品は、すべてのチェックが済んでおり、購入者はその製品がヴィーガンであることをひと目で確信できます。最初は少し時間がかかるかもしれませんが、いずれどのブランドや製品がヴィーガンに適しているかを理解できるでしょう。

どのメーカーが安全か?

ヴィーガントレードマークは、メーカーではなく製品に対して登録されていることを理解してください。製品が本当にヴィーガンかどうか、再確認する必要があります。一方、動物実験に関しては、ブランド全体に適用されるのです。

ABOUT ME
アバター
Vegansociety
ヴィーガンソサエティーは、1944年に共同創立者のドナルド ワトソンが「ヴィーガン」という言葉を思い付き、設立した世界で最も古いのビーガン協会です。 私たちはビーガニズム(絶対菜食主義)に関する情報と指導をさまざまな観点で、ヴィーガンはもちろんのこと、外食産業、医療専門家、教育者、そしてメディアに提供する登録教育慈善団体です。