農薬問題

危険な子どもの遊び場:あなたの子供の安全は大丈夫!?

もし、家庭でオーガニック食品を食べ、ケミカルフリーのプロダクトを使い、そして酷く汚染されたエリアから離れているところに住んでいるのであれば、化学物質関連の健康問題からは守られているはずですね!しかし、実際は異なります。

イタリアで行われた新しい研究では、リンゴ園やブドウ園のような散布量の多い農場の農薬が、遊び場のような近くの公共の場所に頻繁に漂っていることがわかりました。

主な調査結果
・集中的に管理された観光農業地域の周辺に位置する71の公共の遊び場を調査。
・そのうち45%の公共の遊び場は、少なくともひとつの殺虫剤系の農薬で汚染されており、24%の公表の遊び場では、複数の農薬で汚染されていることが分かった。
・検出された12種類の農薬のうち11種類は「内分泌活性」として分類され、初期の開発を変え、長期にわたって有害な影響を与える可能性があります。
・この調査結果により、300mm以上の強風により、殺虫剤などの農薬を風が運ぶことができるため、遊び場と慣行農業地域の距離は、少なくとも100mは開けるべきであることを示しています。

つまり、オーガニック食品を摂取していても、農薬にさらされることから私たちは逃れることができないことを示唆しています。[…]このようあ、内分泌かく乱化学物質の拡散を防ぐ唯一の方法は、合成農薬を完全に除外する再生可能な有機栽培の農業システムに移行することです。

ABOUT ME
Rodale Institute
Rodale Institute
ロディル インスティテュートは、研究、農家へのトレーニング、消費者への教育などを通じオーガニックムーブメンドを起こす団体です。 また、オーガニックのリーダーシップを取ることで、人々の健康やウェルビーイング、そして地球環境を改善していきます。