健康

1週間オーガニック食品を食べ続けることで、尿から検出される農薬の数値が激減!

『Environmental Research』誌に発表された画期的な査読付きの研究によると、1週間オーガニックな食生活に切り替えると、尿から検出される合成農薬の数値が大幅に減少することがわかりました。

オーガニック食品に切り替え、摂取した6日後の尿から検出された農薬は60.5%減少

口にするすべての食品をオーガニックに切り替え、摂取した6日後の尿から検出された農薬は60.5%減少しました。この研究では、自閉症・がん・自己免疫疾患・不妊症・ホルモン破壊・アルツハイマー病・パーキンソン病のリスク増加と関連している農薬の大幅な減少を発見しました。
カリフォルニア大学バークレー校、カリフォルニア大学サンフランシスコ校、フレンズ・オブ・アース(ウェルビーイングや自然界の保護に取り組む環境キャンペーンコミュニティ団体)の研究者らは、アメリカのオークランド、ミネアポリス、アトランタ、およびボルチモアに居住する多様な人種の4組の家族の尿を検査しました。方法は、6日間これまで通り従来の食品(ノンオーガニック)を摂取した後、 6日間オーガニック(有機)食品に切り替え、それらを摂取し尿検査をしました。

1・子供の脳にダメージを与える有機リン酸エステルを含む、神経毒性の高いクラスの農薬の大幅な減少

研究では、ヒトの発がん性があるマラチオンのレベルが95%減少クロルピリホスも3分2ほどの減少も見られました。有機リン酸エステルは、多くの科学者たちが完全に禁止することを要求しているほど、発達中の子供の脳に対して非常に有毒であります。[i] 有機リン酸エステルは、内分泌かく乱、自閉症、学習障害、知能障害、注意力障害、運動発達遅延、アルツハイマー病、パーキンソン病、質の良い精子の減少、ガンを引き起こす要因と関連していると言われています。[ii][iii][iv][v][vi]

2・ネオニコチノイド系農薬のクロチアニジンのレベルは、83%減少。

ネオニコチノイド系の殺虫剤は、離乳食に最も一般的に検出される残留農薬の1つです。[vii]自閉症スペクトラム障害と関連しており、また内分泌かく乱、行動や注意力に変化をもたらすと言われています。[viii][ix][x] そして、ネオニコチノイド系農薬は花粉媒介者や昆虫の喪失を促しています。科学者は「第二の沈黙の春」を警告しています。[xi][xii]

3・ピレスロイドの数値は半分

このクラスの農薬は、内分泌かく乱、神経の発達に有害、免疫学的および生殖への悪影響、パーキンソン病のリスク増加、精子のDNAへの損傷へのリスクに関連しています。 [xiii][xiv][xv][xvi]

4・2,4-ジクロロフェノキシ酢酸の数値は、37%減少

2,4-ジクロロフェノキシ酢酸は、ベトナム戦争で使われた2つの枯れ葉剤の1つです。アメリカでは、一般的によく使われる殺虫剤の上位5種の1つです。[xvii] 内分泌かく乱、甲状腺疾患、パーキンソン病および非ホジキンリンパ腫のリスク増加、発生毒性および生殖毒性、ならびに肝臓や免疫系および精液の質への損傷に関連しています。 [xviii][xix]

<参考文献>
[i] Hertz-Picciotto, I., Sass, J.B., Engel, S., Bennett, D.H., Bradman, A., Eskenazi, B., Lanphear, B. and Whyatt, R., (2018). Organophosphate exposures during pregnancy and child neurodevelopment: Recommendations for essential policy reforms. PLoS medicine. 15(10), p.e1002671.
[ii] Ibid.
[iii] UC Berkeley. Center for the Health Assessment of Mothers and Children in Salinas. Online. https://cerch.berkeley.edu/research-programs/chamacos-study
[iv] Le Couteur, D.G., McLean, A.J., Taylor, M.C., Woodham, B.L. and Board, P.G., (1999). Pesticides and Parkinson’s disease. Biomedicine & pharmacotherapy, 53(3), pp.122-130.
[v] World Health Organization. International Agency for Research on Cancer. Monograph 112: Evaluation of five organophosphate insecticides and herbicides. Online. https://www-prod.iarc.fr/wp-content/uploads/2018/07/MonographVolume112-1.pdf
[vi] Recio‐Vega, R., Ocampo‐Gómez, G., Borja‐Aburto, V.H., Moran‐Martínez, J. and Cebrian‐Garcia, M.E., 2008. Organophosphorus pesticide exposure decreases sperm quality: association between sperm parameters and urinary pesticide levels. Journal of Applied Toxicology, 28(5), pp.674-680.
[vii] Cimino, A.M., et al. (2017). Effects of Neonicotinoid Pesticide Exposure on Human Health: A Systematic Review. Environ Health Perspectives. 125(2): p. 155-162.
[viii] Hoshi, N. et al. (2014). Insight into the mechanism of reproductive dysfunction caused by neonicotinoid pesticides. Biological and Pharmaceutical Bulletin, 37(9), pp.1439-1443.
[ix] Science Daily. 2018. Neonicotinoids may alter estrogen production in humans. April 26. Online. https://www.sciencedaily.com/releases/2018/04/180426125939.htm
[x] Cimino, A.M., et al. 2017. Effects of Neonicotinoid Pesticide Exposure on Human Health: A Systematic Review. Environ Health Perspectives. 125(2): p. 155-162.
[xi] Bittel, J. (2014, July 9). Second Silent Spring? Bird Declines Linked to Popular Pesticides. National Geographic. Retrieved from https://news.nationalgeographic.com/news/2014/07/140709-birds-insects-pesticides-insecticides-neonicotinoids-silent-spring/
[xii] New York Times Editorial Board. (2017, October 29). Insect Armageddon. New York Times. Retrieved from https://www.nytimes.com/2017/10/29/opinion/insect-armageddon-ecosystem-.html
[xiii] Go, V., Garey, J., Wolff, M.S. and Pogo, B.G., 1999. Estrogenic potential of certain pyrethroid compounds in the MCF-7 human breast carcinoma cell line. Environmental health perspectives, 107(3), p.173.
[xiv] Quiros-Alcala, L., S. Mehta, and B. Eskenazi, 2014. Pyrethroid Pesticide Exposure and Parental Report of Learning Disability and Attention Deficit/Hyperactivity Disorder in U.S. Children: NHANES 1999–2002. Environ Health Perspect.
[xv] Beyond Pesticides. Pesticides Trigger Parkinson’s Disease. Online. https://www.beyondpesticides.org/assets/media/documents/gateway/health%20effects/parkinson%27s%20cited.pdf
[xvi] Jurewicz, J., Radwan, M., Wielgomas, B., Sobala, W., Piskunowicz, M., Radwan, P., Bochenek, M. and Hanke, W., 2015. The effect of environmental exposure to pyrethroids and DNA damage in human sperm. Systems biology in reproductive medicine, 61(1), pp.37-43.
[xvii] US Environmental Protection Agency. 2017. Pesticides Industry Sales and Usage: 2008 – 2012 Market Estimates. Online. https://www.epa.gov/sites/production/files/2017-01/documents/pesticides-industry-sales-usage-2016_0.pdf
[xviii] Beyond Pesticides. Pesticides that Disrupt Endocrine System Still Unregulated by EPA. Online. https://www.beyondpesticides.org/assets/media/documents/gateway/health%20effects/endocrine%20cited.pdf
[xix] Beyond Pesticides. Chemical Watch Factsheet: 2,4-D. Online. https://www.beyondpesticides.org/assets/media/documents/pesticides/factsheets/2-4-D.pdf

ABOUT ME
Rodale Institute
Rodale Institute
ロディル インスティテュートは、研究、農家へのトレーニング、消費者への教育などを通じオーガニックムーブメンドを起こす団体です。 また、オーガニックのリーダーシップを取ることで、人々の健康やウェルビーイング、そして地球環境を改善していきます。