有機農業

有機農業を知る(6)害虫の抑制や管理

有機農業での害虫管理は?

虫や昆虫はどんな農場にでも生息します。中には、有益な虫も存在します。他の悪い虫を捕食し、貴重な授粉をすることもあります。しかし、他の昆虫は脅威をもたらします。害虫は、果物や野菜の見た目にダメージを与え、それらを販売することを困難にさせます。

さらに悪いことに、害虫による被害により、作物を完全に殺してしまうことがあります。慣行農業では、有害生物を除去するために有毒農薬を散布しています。一方、有機農業では人工投入物を使わずに害虫を減らし、防除するために代替戦略を実行しています。

戦略とは?

まず害虫を防御することの第一線は予防です。健康な土壌は、害虫の圧力を跳ね返すほどの強い植物を作り出します。そして有機農家は、てんとう虫のような天然の捕食者である昆虫や、有益な昆虫を引き寄せることが可能です。

その他の戦略としては、輪作を行ったり、害虫抵抗性品種の作物を選んだりすることです。害虫問題が深刻になれば、有機農家はフェロモンを使って害虫の交配周期を乱したり、捕獲のような機械的制御をするかもしれません。

さまざまな手を打ったが、それでも農家が重大な損失の可能性に直面した場合、有機農業でも使用が認められてる農薬が使用されるかもしれません。そして、特定されていない農薬の幅広いスプレーの使用は、最終手段です。

なぜこれが重要か?

化学農薬は私たちの空気と水を汚染します。そして、良い虫や昆虫でさえ殺し、農場全体の生態系に波及効果をもたらすような方法で生物多様性を破壊します。有機農業での害虫管理は全体的なアプローチです。有機農家は化学農薬の使用と影響を減らし、自然と調和して働く農場システムを促進するために、上記を含む多くの戦略を実行しています。

その結果、コストが削減され植物が強くなり、野生生物がより健康的になり、すべての人にとってよりきれいな環境になります。

ABOUT ME
Rodale Institute
Rodale Institute
ロディル インスティテュートは、研究、農家へのトレーニング、消費者への教育などを通じオーガニックムーブメンドを起こす団体です。 また、オーガニックのリーダーシップを取ることで、人々の健康やウェルビーイング、そして地球環境を改善していきます。