オーガニックの基礎知識

有機農業VS慣行農業

有機農業は、土壌、生態系、そして人々の健康を再生する生産システムです。そして、有機農家は、化学肥料、農薬、除草剤などの合成投入物を使用するのではなく、自然のプロセス、生物多様性、および地域の状況に適応したサイクルに頼っています。 遺伝子組換えは有機農業では許可されていません。

有機農業と慣行農業の違い

有機農業と慣行農業の本質的な違いは、慣行農法は植物を害虫から守ったりや雑草を防ぎ、植物に栄養を与えるために農薬(化学物質)の介入に頼っているということです。それは合成殺虫剤、除草剤、そして肥料を意味します。一方、有機農業は、健康的な豊富な食料を生産するために、生物多様性や堆肥化などの自然の原則に依存しています。

重要なのは、「有機生産は単に従来の農薬(化学物質)の投入を回避することではなく、合成農薬を天然農薬の投入に置き換えることでもありません。有機農家は、経済的に持続可能な方法で、輪作や動物由来の有機質肥料や緑肥作物の使用など、数千年前にはじめて使用された技術を今日の世界で適用しています。有機生産では、システム全体の健全性が重視され、管理方法の相互作用が主な関心事です。有機生産者は、生物多様性の発展と維持、土壌肥沃度を補充するために幅広い戦略を実行しています。」(USDA 2007)

効果

慣行農法と有機農法は、環境と人々に異なる影響を及ぼします。慣行農業は、温室効果ガスの排出量増加、土壌浸食、水質汚染を引き起こし、そして人間の健康を脅かします。一方、有機農法は残留農薬がなく、より少ない二酸化炭素排出量、土壌の健康を保護や構築し、きれいな水と空気のために自然の生態系を補充します。

ABOUT ME
Rodale Institute
Rodale Institute
ロディル インスティテュートは、研究、農家へのトレーニング、消費者への教育などを通じオーガニックムーブメンドを起こす団体です。 また、オーガニックのリーダーシップを取ることで、人々の健康やウェルビーイング、そして地球環境を改善していきます。