有機農業

有機農業を知る(5)不耕作栽培

耕作とは何か?

耕作は、すきやディスク耕作機など機械的な道具で土を掘り下げる、ひっくり返す、または他の方法でかき混ぜることの習慣です。耕作は土壌圧密を壊し、雑草を除去するのを助け、土壌肥沃度を高めるために、カバークロップを取り込みます。これらは、耕作をすることで得られるとても重要な利点ですが、耕作は土壌を侵食に弱く、そして地下の真菌のネットワークを破壊します。

そして、耕作は燃料でもあり、集中的な労働を要します。慣行農業と有機農業の農家たちは、減少した耕作を実践したり、完全にそれを排除しようとしていることもあります。

慣行農業 vs 有機農業不耕起栽培

慣行農業では、農家の人々が化学除草剤を使用し、次の植え付けの前にカバークロップの作物を刈り取ることで不耕起栽培を行っています。一方、有機農業での不耕起栽培は合成化学成分の農薬を投入しません。代わりに小規模の有機農法農家は、くわや熊手の農機具などの手工具を使用します。大規模な有機農法農家は、特別なトラクターなどを利用できます。

ABOUT ME
Rodale Institute
Rodale Institute
ロディル インスティテュートは、研究、農家へのトレーニング、消費者への教育などを通じオーガニックムーブメンドを起こす団体です。 また、オーガニックのリーダーシップを取ることで、人々の健康やウェルビーイング、そして地球環境を改善していきます。