健康

健康に害のある農薬が水道水に!

処理済みの水道水にネオニコチノイド系の農薬を発見

2017年、研究者は処理済みの水道水からネオニコチノイド系の農薬を発見しました。慣行農業ではネオニコチノイド系の農薬が殺虫剤として幅広く使われており、近年ではネオニコチノイドがニュースの見出しをにぎわせているように、急激なハチの減少に関連付けて広く知られています。

工業型農業に共通する反作用の雨水流出や水質汚染などを考えると、これらの化学物質が水道水から発見されることは驚くべきことではありません。さらに悪いことに、本来、公共の水を安全に保つべき水処理過程が殺虫剤をより人間の健康に危害を及ぼすものにしているということです。

新しい研究は、塩素処理のような通常の水処理をしている間、代謝物から検出される特定のネオニコチノイド系の農薬は人間やその他の哺乳類にとって、その処理をする前より、最大300倍以上の毒素になり得ることが分かりました。

ネオニコチノイド系の農薬は無脊椎動物のみに有毒であると考えられていますが、塩素処理はネオニコチノイド系の農薬の毒性を変化させ、まだ知られていない人間の健康への新たな害を生み出しています。

ABOUT ME
Rodale Institute
Rodale Institute
ロディル インスティテュートは、研究、農家へのトレーニング、消費者への教育などを通じオーガニックムーブメンドを起こす団体です。 また、オーガニックのリーダーシップを取ることで、人々の健康やウェルビーイング、そして地球環境を改善していきます。