ヴィーガン

蜂蜜はヴィーガンフレンドリーではない

蜂蜜はおそらく、ヴィーガンフレンドリーと誤解される可能性が最も高い製品です。特に「ミツバチは私たちの食用ために蜂蜜を作る」という真実からほど遠い、一般的な誤解があります。蜂蜜はミツバチによってミツバチのために作られ、人間が収穫するとミツバチの健康が犠牲になります。重要なことに、蜂蜜の収穫は、ヴィーガン協会のヴィーガニズムの定義とは相関していません。

蜂蜜とは?

蜂蜜はミツバチのエネルギー源です。これがなければ、彼らは飢えてしまいます。そして蜂蜜は、悪天候や冬の期間にも必須栄養素をミツバチに提供します。商業的な蜂蜜の生産に使用されるミツバチの属である蜂は、十分な蜜を集めるために最大1500個の花を訪れます。(中略)そして、ミツバチ1匹はその生涯にたったティースプーンの12分の1を生産します。

道義に反する方法

一般的に、養蜂では、ミツバチは蜂蜜の生産性を高めるために特別に飼育されます。この選択的育種は、個体群の遺伝子プールを狭め、病気や大規模な死滅への感受性を高めます。病気は、ハチの巣で使用するために異なる種類のミツバチを輸入することによっても引き起こされます。

これらの病気はその後、私たちや他の動物が依存している数千人の他の授粉者に広がり、蜂蜜の生産が私たちの環境に良いという一般的な神話に異議を唱えます。

また、女王蜂が巣を離れて他の場所で新しいコロニーを作ると、生産性が低下し、利益が減少するため養蜂家によって翼が切り取られることがよくあります。
蜂蜜の人気は衰える兆しを見せません。蜂蜜産業は、他の多くの商業と同様に、営利目的であり、ミツバチの福祉はしばしば商業的利益に次ぐものです。

環境への影響

ミツバチの大量繁殖は、他のミツバチを含む、他の競合する蜜を集める昆虫の個体群に影響を及ぼします。増え続ける養殖ミツバチに圧倒され、在来のマルハナバチの数は減少しています。
英国への蜂蜜の輸入は、輸送に関連する排出物を通じて私たちの二酸化炭素排出量も増加させます。英国で消費されている蜂蜜のうち、95%は主に中国とトルコから輸入されています。

ヴィーガン代用

ミツバチとは異なり、人間は食事に蜂蜜がなくても生きられます。幸いなことにヴィーガンの代替品がたくさんあります。ベーキング、調理、飲み物の甘味料として、または長い一日が終わったあとにスプーン一杯の蜂蜜を食べる代わりに、例えばデーツシロップ、メープルシロップ、糖蜜、バタースコッチシロップ、ゴールデンシロップ、リュウゼツランネクターはすべて、可能なオプションです。

ABOUT ME
アバター
Vegansociety
ヴィーガンソサエティーは、1944年に共同創立者のドナルド ワトソンが「ヴィーガン」という言葉を思い付き、設立した世界で最も古いのビーガン協会です。 私たちはビーガニズム(絶対菜食主義)に関する情報と指導をさまざまな観点で、ヴィーガンはもちろんのこと、外食産業、医療専門家、教育者、そしてメディアに提供する登録教育慈善団体です。