健康

オーガニック食品で自閉症を治療

アンドレア フィリヤスの息子、テディが二歳のとき、母親は、息子の成長が軌道通りではないことに不安を感じ落ち込んでいました。「息子は話さないし、壊れるまで照明のスイッチを押し続けます。そして数時間も叫び続けます。彼は、部屋の中にいることですら認識していませんでした。そして三歳のとき、重度の自閉症であると診断されました。」

フィリヤスの家族は、成長がとてもゆっくりだったテディを育て、彼の擁護者となりました。教育制度や医療に関して、彼が必要とすることを押し進めました。しかし、彼らはその他にもなにかできることがあると思っていました。そして、ある医師は食事と栄養が彼の症状を良くできる可能性があると伝えました。

「私たちの発達小児科医は、子供たちは自然食品や可能であれば有機食品を食べるべきと考えています。そして、さらにリサーチを続けてきた結果、それらが私たちの人生を変えることが分かりました。これらがテディ回復を助けると確信していました。」

食生活を変えた後、テディは話すようになりました。「まるで霧が晴れたようでした。」とアンドレアは言います。「テディに話しかけると、彼は私たちがそこにいることを認識していました。質問に答えたりして、自閉症の子供にとって大きな変化を迎え始めていました。親として、自分の子供と初めて意思疎通ができるほど嬉しいことはありません。」

二季に渡ってこのプログラムに取り組んだことで、家族中にその恩恵がありました。テディの父親ルイスは約45キロ痩せて、助成金を支給されていた義母は糖尿病、高血圧、高コレステロール値のために飲んでいた薬をすべて飲む必要がなくなりました。「これはただの野菜には留まらないほどの効果です。」とアンドレアは言います。

ABOUT ME
Rodale Institute
Rodale Institute
ロディル インスティテュートは、研究、農家へのトレーニング、消費者への教育などを通じオーガニックムーブメンドを起こす団体です。 また、オーガニックのリーダーシップを取ることで、人々の健康やウェルビーイング、そして地球環境を改善していきます。