農薬問題

レストランの食品に含まれているグリホサート

「外食することは、グリホサートと付き合うことと同様」という記事がリリースされました。除草剤グリホサートとその副産物は、米国全土の主要なレストランチェーンが提供する食品に広く使用されていると報告しています。

主な調査結果
・パネラブレッド、ダンキンドーナツ、パパジョンズ、マクドナルド、オリーブガーデンなどのチェーンでテストされた44のレストランフードサンプルのうち、39の食べ物でグリホサートが発見されました。

・最も高いグリホサートレベルは、消費者によって健康的な食であると考えられている「全粒」または「マルチグレイン」の食品に見られました。

・全44サンプルの中で最高数値は、パネラブレッドの全粒粉ベーグルでした。

・ダンキンドーナツのアラビカコーヒーとマクドナルドの甘味のないアイスティーもグリホサートの検査に関して陽性反応を示ました。

この調査では、「クリーンフード」や「優れた品質」などのマーケティング用語は消費者に誤解を招くものであり、合成化学物質や思いがけない副産物が含まれていないことを示唆するのは、正しくないことを結論づけています。

なぜ、このようなことが起きるのか

グリホサートはラウンドアップ除草剤とその同等の主成分です。この除草剤は、遺伝子組み換えの作物に多用されています。ただし、グリホサートは穀物、サトウキビ、レンズ豆、豆、ジャガイモなどの非GMO植物の収穫を早めるためにも使用されます。また、植えられた植物と植物の間に生える雑草を制御するために使用される場合、それらをコーヒーやオレンジなどは、植物の根を通してグリホサートを吸収する可能性があります。

健康上の問題の可能性があるためこれらの限度は高すぎるとされていますが、現在の環境基準で許容されている「安全な」レベルのグリホサートが食品内に含まれています。

なぜこれが問題なのか?

グリホサートは、2015年、世界保健機関(WHO)により発がん性物質として分類されています。他の研究では、グリホサートが免疫系の損傷、腎臓および肝臓の損傷につながることを示唆しています。

2018年、非ホジキンリンパ腫の患者と公園などの整備員をしていたディドウェイン ジョンソンは、ラウンドアップの製造会社であるモンサント(親会社バイエル)に対する訴訟で、グリホサートや他の化学物質にさらされたことが原因で病気になったと、2億8900万ドルの支払いを受けました。

どうしたらよいか?

グリホサートを避けるには、有機栽培された食品を選ぶことが一番良いと言われています。「自然食品」「クリーンフード」という言葉は規制を受けていませんが、有機栽培であるということは、連邦政府によって規制されています。
また、トウモロコシ、キャノーラ、大豆、てんさい、綿などの遺伝子組み換えされた作物は、グリホサートを散布するのが一般的であるため、避けることをお勧めします。

ABOUT ME
Rodale Institute
Rodale Institute
ロディル インスティテュートは、研究、農家へのトレーニング、消費者への教育などを通じオーガニックムーブメンドを起こす団体です。 また、オーガニックのリーダーシップを取ることで、人々の健康やウェルビーイング、そして地球環境を改善していきます。