ニュース

フランスの学校給食がオーガニックに!?

フランスは2022年までに、公​​共部門が購入するすべての食料の少なくとも半分が有機栽培または現地生産でなければならないと発表しました。これには、学校・病院・刑務所等で使用するために購入される食品が含まれます。フランスの農業大臣は、フランスの農業部門を強化し、食事を改善するための措置の一部として新しい規則を発表しました。

220億ユーロを超える急成長している欧州のオーガニック市場に沿って、フランスの本源的市場は2016年末時点で69億ユーロに達し、21,84%の上昇が2017年上半期に見らました。

フランスはドイツに次ぐヨーロッパ第二位に大きいオーガニック市場です。フランスでは毎日21を超える有機農場が作られています。そして、フランスでは少なくとも10人中9人は有機農産物を消費していると言われています。リストのトップは果物と野菜で、続いて乳製品・卵・乾物・飲料・そして肉とパンとなっています。

2006年、フランスには1,676のオーガニックショップがあり、2016年末時点で2,606のオーガニックショップがありました。そして、フランスの大手スーパーマーケットチェーン、カルフールは、オーガニックラインのプライベートブランドを中心に取り扱う店舗のカルフールビオ(Carrefour Bio)を2021年までにさらに150店舗をオープンすることを目指しています。

引用元:https://greenseedgroup.com/

ABOUT ME
アバター
創立者・編集長 鈴木聖佳
2012年2月よりイギリス・ロンドンに居住。 約7年半、都内の化粧品メーカー・兼商社に勤務。Eコマースに特化したマーケティング及び法人営業を行う。約2年半、オーガニック・ナチュラルプロダクトのオンラインショッピングプラットフォームの新規営業として、世界中の2,000以上のブランドをリサーチし、日本のマーケット参入を目的としパトナーシップ契約を70ほどのブランドと結ぶ。 ビオナチュラ&コーの立ち上げストーリはこちら