有機農業

有機農業を知る(3)輪作

輪作とは?

輪作は、土壌の健康状態を改善、栄養素を最適化し、害虫と雑草の圧力に対抗するために同じ土地に異なる作物を連続して植えることです。
例えば、畑にトウモロコシを植えたとします。トウモロコシは窒素を大量に消費するため収穫を終えると、農家は土壌に窒素を戻す機能を持つ豆を植えることができます。
単純な輪作には2つか3つの作物が関係し、複雑な輪作には12種類以上の作物が組み入れられます。

なぜこれが重要か?

植物によって必要とする栄養価が異なります。そして影響を受けやすい病原体や害虫もそれぞれ異なります。もし、慣行農業で、農家が毎年同じ場所に同じ作物を植えていると、それらの作物は同じ栄養素を同じ土壌から吸収することになります。そこでは、好む食料源が保証されているため、害虫や病気はそこを彼らの永住する場所として居座ります。
このような単一栽培では、化学肥料や農薬のレベルを上げることが高い収穫量を保つために必要です。

輪作は、合成投入なしで栄養分を土壌に戻すのを助けます。また、この輪作は害虫や病気のサイクルを防ぎ、異なる作物の根からバイオマスを増やすことで、土壌の健康状態を改善し農場の生物多様性を増やします。そして、土壌内の生命は多様性により繁栄し有益な昆虫や花粉媒介者も地上の多様性に魅了されるようになります。

ABOUT ME
Rodale Institute
Rodale Institute
ロディル インスティテュートは、研究、農家へのトレーニング、消費者への教育などを通じオーガニックムーブメンドを起こす団体です。 また、オーガニックのリーダーシップを取ることで、人々の健康やウェルビーイング、そして地球環境を改善していきます。