有機農業

有機農業を知る(2)カバークロップ

カバークロップとはなにか?

カバークロップは、とうもろこしや大豆のように農家が自らの利益のために作り・売る作物、キャッシュクロップとは異なります。
カバークロップの主な役割は、土壌をより良くするためです。その畑に何も植えられなくなるのであれば、例えば作物を作らない季節などに、侵食や栄養素の損失から土壌を守るためにイネやマメ科植物を植えることを指します。
また、カバークロップは雑草の生育や害虫・病気の抑制をし有効な水分量や農場の生物多様性を高めてくれます。

どのように作用するか?

農家がキャッシュクロップを行う度に、その作物は土壌から栄養素を吸い上げます。収穫後、次の作物が豊かに育つには、それらの栄養素を再び土壌に戻さなければなりません。

特定のカバークロップは、大気中の窒素などの栄養素を土壌に戻す独自の能力を持っています。化学物質を一切使用せず、土壌肥沃度を維持および向上させるための不可欠なツールです。そして、カバークロップは有機の不耕起栽培においても不可欠です。ローラークリンパを転がすことにより雑草抑制を行い、栄養素が土壌に戻るのです。

多くのカバークロップは2重の役割を担っています。農家の意図に応じて、利益のためか、繁殖力や雑草防除のために植えることができます。例として、オーストリアの冬エンドウ豆・アルファルファ・ライムギ・マスタード・オートムギ・ソバなどが挙げられます。カバークロップは一年中畑をグリーンに保ち作物を成長させ続けるだけでなく、より多くの炭素を隔離して温室効果ガスの排出と闘う農家を助けてくれます。

なぜこれが重要か?

慣行農業を行う農家たちは、土壌に栄養素を戻すこと、そして雑草防除のために合成肥料と化学除草剤に頼っています。こららの方法は、水質汚染、土壌侵食、生物多様性の喪失など多くの意図しない結果をもたらしてしまいます。一方、有機農業では合成投入が許可されていないので有機農家は同じ結果を得るために、カバークロップを含む他の方法に頼っています。

ABOUT ME
Rodale Institute
Rodale Institute
ロディル インスティテュートは、研究、農家へのトレーニング、消費者への教育などを通じオーガニックムーブメンドを起こす団体です。 また、オーガニックのリーダーシップを取ることで、人々の健康やウェルビーイング、そして地球環境を改善していきます。