有機農業

有機農業を知る(4)堆肥とは?

堆肥は、生ゴミ、動物のふん尿、葉、わらなどを含む一般的には廃棄物と考えられる多くの物質の好気性分解から作られたものです。

わらや葉のように炭素が豊富な材料と、生ゴミやふん尿などの窒素が混ざることで、堆肥化が行われます。酸素を加え、時間をかけ、熟練した管理を行い、そして何十億という微生物の助けを借りる。その結果、もろく甘い香りのする栄養分がいっぱいのコンポストができあがります。

なぜこれが重要か?

慣行農業の農家は、地元の水道を汚染し、野生生物に害を及ぼす可能性がある化石燃料の石油から作られた合成肥料に頼っています。一方、有機農家は合成肥料の代わりに、堆肥の投入に頼っています。

堆肥は化学物質投入の必要性を劇的に減少させるだけでなく、堆肥を作り出す過程や農場で発生したさまざまな材料をリサイクルするのです。そして、堆肥が土壌に取り込まれると、多様な微生物と健康的な植物の成長と発達を促進する栄養素を提供してくれます。

ABOUT ME
Rodale Institute
Rodale Institute
ロディル インスティテュートは、研究、農家へのトレーニング、消費者への教育などを通じオーガニックムーブメンドを起こす団体です。 また、オーガニックのリーダーシップを取ることで、人々の健康やウェルビーイング、そして地球環境を改善していきます。