ヴィーガン

気候変動とヴィーガニズム

主要な政党は「気候異常事態宣言」をした後に、食料と農業政策の中心にヴィーガニズム(ヴィーガン主義)を含めるように促されています。

ヴィーガンソサイエティは、植物性を基調とした食生活を奨励し、学校・病院・介護施設などの公共の食堂でヴィーガンフードを提供すること、そして畜産農業から別の農業へ移行するように農家を支援する政策を採用し「宣言を行動に移す」ように懇願しています。

そして、植物性由来を基調とした食生活や知識や摂取量の増加は気候変動緩和のみならず、健康面に関してもイギリス国民保健サービスのNHS(National Health Service)に対する負担を緩和できると示唆しています。(イギリスでは、必要最低限の医療を無料で受けられるため、国が負担する費用割合が多く常に国の政策の課題になっている。)

また、CO2排出ゼロという構想の「ゼロエミッション」を達成するには肉・乳製品・卵の生産がはるかに高いレベルのCO2排出を生み出すため、植物性を基調とした食生活へシフトすることをしなければ、不可能ということも強調しています。

ヴィーガンソサイエティの最高経営責任者のジョージ・ジルはこう述べています。
「畜産農業は、排出量のシェアを締めていないため、植物性由来の食事に移行しない限り、パリ協定の発効条件を満たすことができないのです。そのため、私達は政党に対し、真に持続可能な植物性を基調とした食生活を奨励する政策を実行することによって気候緊急事態を克服するための大胆な一歩を踏み出すよう求めています。」

ABOUT ME
アバター
Vegansociety
ヴィーガンソサエティーは、1944年に共同創立者のドナルド ワトソンが「ヴィーガン」という言葉を思い付き、設立した世界で最も古いのビーガン協会です。 私たちはビーガニズム(絶対菜食主義)に関する情報と指導をさまざまな観点で、ヴィーガンはもちろんのこと、外食産業、医療専門家、教育者、そしてメディアに提供する登録教育慈善団体です。