Blog

ロンドンのフードマーケットから学ぶこと

ロンドンの東に位置するヴィクトリア・パーク内で毎週日曜に開催されるフードマーケットは、オーガニックプロダクトも揃っているので時々足を運びます。
このマーケットは、キャッシュレスを推進しているため、支払いはすべてデビットカードで済ませました。イギリスでは現金を使う機会がほとんどないため、常に現金を持たない生活をしています。そのため、マーケットでキャッシュレスを推進していると、行くたびに現金を引き出しに行く必要がなく助かります。

そして各ストールでは、ストローだけでなく、カトラリーや容器も脱プラスチック!
今回東京に1ヶ月滞在して、まだまだ使い捨てプラスチック製品を多くの店で使用しており、ほんとうに対応が鈍いなと感じることがありました。

国が規制を作ってしまうのが1番手っ取り早いけれど、なかなか実現しないので各飲食・小売企業が率先して進めて欲しいことの1つです。
以前執筆した記事でも触れましたが、KPMGは各支社でプラスチックカップの使用を廃止したりと企業単位でも行ってるそうです。ぜひ、日本の企業も素早く対策をとってほしいですね。

ABOUT ME
アバター
創立者・編集長 鈴木聖佳
2012年2月よりイギリス・ロンドンに居住。 約7年半、都内の化粧品メーカー・兼商社に勤務。Eコマースに特化したマーケティング及び法人営業を行う。約2年半、オーガニック・ナチュラルプロダクトのオンラインショッピングプラットフォームの新規営業として、世界中の2,000以上のブランドをリサーチし、日本のマーケット参入を目的としパトナーシップ契約を70ほどのブランドと結ぶ。 ビオナチュラ&コーの立ち上げストーリはこちら